Read more

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

Read more

BRIDGESTONE Mark Rosa

9月20日納車のニュー自転車!!操るはチビ1号!!BRIDGESTONE Mark Rosa STAGGERED  E.Xホワイト26インチ、女性用の自転車なので、サドルを一番高くすれば私でも乗れちゃいます(^_^;)試乗してみて驚いたのがペダリングの軽さ!値段が値段なので侮っていると一泡吹かさてしまいますヨ(^_^;)5万円以下のクロスバイクもついにここまでの走行性能に達したか!って感じ!ステッカー貼ってます...

Read more

京都市の「歩くまち京都」と自転車整備事業の現状 その3

なんだか説教くさくなりましたね~。今日でこのシリーズも終わり。京都市の自転車整備事業の現状を写真を中心にアップしたいと思います♪歩いて楽しいまちなかゾーンのあちらこちらで見られる標識。人口密度が高いエリアにもかかわらず、クルマはバンバン通るし、まちなかを楽しみながら歩くなんてのにはまだまだほど遠いのが現実。その理由は少し歩けば歩行者通行帯を遮る路上駐車のクルマ。ここは特にひどくてクルマ4台(写真に...

Read more

京都市の「歩くまち京都」と自転車整備事業の現状 その2

「歩くまち京都」の憲章が単にお題目とならないようにするためには、歩行者を含めた交通弱者の安全確保が大前提。交通弱者とは「自分では他を傷つけないが、他からは傷つけられる存在」いわゆる、お年寄り、子ども、車椅子、ベビーカー、視覚障碍者や身障者。こうした人たちを交通強者(他を傷つける存在)から守るのが歩道。なので、弱者を歩道で守り、それ以外の者は車道をシェアするのが、道路交通の大原則であり、世界の常識で...

Read more

シングル固定でゆっくりと流す

気候はすっかり秋らしく自転車にとってベストシーズンの到来!!シングル固定でゆっくりと流すのがとても気持ちいい!汗をかかずに心地よくポタリング♪銀杏はまだまだ緑色。黄色く色付くのはまだ少し先。寒暖の差が大きい今秋、紅葉に期待!!...

Read more

京都市の「歩くまち京都」と自転車整備事業の現状 その1

この日本で、ヨーロッパ先進諸国並みに自転車を活かせるポテンシャルを最も秘めているのが京都市。まぁ、これは私の私見なんだけど(^^;)その京都市が今、世界に向けて発信中の「歩くまち京都」。京都市内のバス・鉄道を利用した総合交通戦略・策定がどんどん進む中、何か置いてけぼりを喰らったような、何かぽっかり抜け落ちているような、少なくとも自転車乗りの人たちはそんな気がしているのでは?えっ!?私だけ(^^;)冗談はさて...

Read more

RESISTANT、キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ !

キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ !...

Read more

長刀坂

国道162号線から嵯峨嵐山へ抜けるショートカットがこの長刀坂。本日は嵐山側から上って国道162号線へ。実はこの長刀坂、府道136号線っていうのが驚き!後宇多天皇陵。天皇陵前の道は幅も広く砂利も少なめ。『Vittoria ランドナーリフレクト 700-40C BK』でも楽勝!(^^)!本日は規定値65PSIから2割ほど低い50PSIに設定。連日の大雨でV字に抉られ、V溝が道を縦横無尽に蛇行しているので、ここから先はこのタイヤではとて...

Read more

案山子軍団 ver.2014

毎年、訪れる人々を楽しませてくれる嵯峨野の案山子軍団!ver.2014 はお馴染のキャラも登場!!にほんブログ村 ...

Read more

SURLY CROSS×CHECK でポタリング!

クロスチェックが履いているタイヤは700C×40の太足!『Vittoria ランドナーリフレクト 700-40C BK』は空気の量が多いだけあってなかなか良いですな。ダートもそれなりに走れるので、山へ行ってもある程度はなんとかなるって感じ。ブルックスはまだまだお堅いけれど、短距離ならばぜんぜんお尻が痛くない。たしか、新品のうちは痛かったはずなんだけど・・・。これなら思い切って大阪往復ぐらいの距離を試せるかも。いざという...

Read more

大枝土蔵

芸大生による2005年から始まった「大枝アートプロジェクト」の拠点である大枝土蔵。2008年、たちどまりたい風景と風景をつなぐ「みどりの停留所写真プロジェクト」で使用されたみどりの停留所がここに!江戸時代に建てられたと言われるこの土蔵は、もとは京都のお公家さんの衣装蔵だったものを、30年ほど前に大枝の西京工務店の先代の棟梁がこの地に移築。それを倉庫として借りていた地元の美術家・椎原保氏の好意で、2005年春から...

Read more

柿街道の現在

府道10号線、通称「柿街道」。冨有柿の名産地「大枝」をつき抜けるこの道路は、秋になると路上のあちらこちらで柿が販売される。生活道路にもなっているので、狭いわりに交通量はそれなりに多いのだが、「にそと」開通に伴い、府道10号&140号が整備されて流れが変わったのか?通るクルマは少なくなった。ある一定区間は東海自然歩道にもなっていて、とても風情がある道路。自転車乗りとしてはクルマの減少は大歓迎!...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。