スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SILCA スーパーピスタ 60.1アダプター付き

フロアポンプが壊れて、彼是迷いながらやっとコレに決めました

140308s01.jpg
SILCA スーパーピスタ 60.1アダプター付き

クラシックなデザインそのままに、古き良きデザインのロゴも変わらない。本体の素材は鉄からアルミに変わったがデザインをあえて変えないところがシルカの人気の秘訣であり超定番たる所以。なので、目新しさは何も無いけれど、これを買うということは超定番ゆえの安心や信頼感、耐久性を買うということ。ヘビーユーザーでもグリスアップやパッキン交換をきちんと行えば10年以上はゆうに使える。ハンドルは木製、本体はイタリア製ならではのとても鮮やかな色合い、と、長く大事に使いたい人には所有欲も満たしてくれるのでお薦め。

スーパーピスタの最大の特徴は本体の高さ。

140308s03.jpg

これでは何mmか判りずらいので、
 

140308s04.jpg

拡大写真をどうぞ♪
高さは約730mm、最大ストロークの状態で約1,250mm!!
かなり長いので身長が175cm以上はないと空気をいれにくい。176cmある私でも、今までは短いポンプを使っていたので、慣れるまでの間、正直違和感があった。
日本人なら此方より、標準的な高さ約620mmのピスタのほうがいいかもしれない。


140308s05.jpg

改良された口金、60.1アダプター。


140308s06.jpg

こちら側が仏式、


140308s07.jpg

こちら側が米式、

このように先端のアダプターを反転させ、カプラーに装着することで仏式、米式を簡単に入れ替えることがでる。


140308s08.jpg

鮮やかな本体の塗装、変わらぬデザイン。


140308s09.jpg

デザインと見やすさを両立させたゲージ。

観賞にも十分な機能美を備えたフロアポンプだけど、ながめていても仕方がない。
空気を入れてこそのフロアポンプなんで早速入れてみる。

ハンドルは握りやすく気の温かみが感じられ、ポンピングする度に、ギュ、ギュッっと、ダイレクトに空気が入っていく。このアナログ的な感じ(昭和時代の空気入れといえばわかりやすいかな)がなんとも言えないんだけど、軽さで言えば最新型の軽量ポンプには及ばない。軽快に空気を充填したいのであれば、このポンプはやめておいたほうが無難(非力な女性にはお勧めしにくい)。この価格帯であれば最新型の軽量ポンプのほうが明らかに分があるので。


フロアポンプに何を求めるかは人それぞれ。
ローテク派の私のツボにピタっとはまったシリカスーパーピスタ、長く大事に使っていこうと思います♪


関連記事
スポンサーサイト

Comment

  • 2014/04/04 (Fri) 12:31
    ひろ #- - URL
    Re: タイトルなし

    > 登山 好人さん

    正直、買ってよかったなぁ~って思います♪

    部屋に置いてても違和感なくとてもいい感じです。
    ポンプとしての機能は昔ながらのしっかりとした作りで、道具としても一級品です。

  • 2014/04/03 (Thu) 00:05
    登山 好人 #EQxHYSTw - URL

    すごいオシャレなポンプ♪

    これなら部屋に置いててもいい感じ。

    僕のはプラ製の真っ黒い普通のポンプです(涙)

    ひろさん。ポンプまでオシャレなモノ選びますよね^^

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。