スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒラメポンプヘッドレビュー

ヒラメポンプヘッドのレビューです。

まずは製品に付属してあった取扱説明書を見て空気の入れ方を確認。

140412hs1.jpg

それにしてもこの説明書、めちゃめちゃ解りにくいやん!

しかも繰り返しコピーされて歪んでるし(^^;)


140412hp2.jpg

①まず、ポンプヘッドのカムレバーをロック解除します。
 ※予め「HIRAME」の文字が入っている赤い加圧調整ネジ部分を動かし、締め付けをある程度調節しておく



140412h1.jpg

②ポンプヘッドを取付けてカムレバーをロックします。(青い矢印の方向へカムレバーを動かします)



140412h3.jpg

③この時、「HIRAME」の文字が入っている赤い加圧調整ネジで締め付けの強度を微調整します。使用するバルブに合わせて、強すぎず弱すぎず適度な圧になるように調整します。この微調整が慣れるまでは案外面倒くさいかも。



140412h2.jpg

④写真の状態(ロック状態、カムレバーの位置に注目)でポンピングして空気を入れます。



140412h4.jpg

⑤空気が規定の値まで入ったら、ポンプヘッドのカムレバーを青い矢印①の方向へ動かして解放します。(写真は解放後の状態)
 取付け時と同じぐらいの力で簡単に解放できます。
 解放したら、ポンプヘッドを青い矢印②の方向へ動かして取り外します。(写真は取り外す前の状態)
 取付け時と同じぐらいの力で簡単に取り外せます。


と、まあ~とても簡単に空気を入れることができました(^^)/
今までの高圧ポンプにありがちだった、

ポンプヘッドをバルブ取付け時に力強く押し込まなければならない
ロック解除後、ポンプヘッドを力強く引き抜かなければならない
(この時、バルブが毟り取れたり、手が勢い余ってスポークに当たってケガしたりする)
ポンプヘッドをバルブから取り外す時に入れた空気がたくさん抜ける


これらの要因が全て解決。

それと、スーパーピスタ口金60.1で空気を入れられなかったbd-1(小径車)も

140408silca6.jpg

ご覧の通り楽勝です(^^♪


関連記事
スポンサーサイト

Comment

  • 2014/04/21 (Mon) 19:39
    ひろ #- - URL
    Re: タイトルなし

    > ryoさん

    クロスチェックは傷だらけですよ~(^^;)
    ここだけの話ですけど、まだ綺麗なクランパスとBD-1だけは写真を撮る前に少し磨きました(^^;)

    えっ、性格でてますかぁ!?
    きわめてルーズですョ(笑

  • 2014/04/21 (Mon) 19:31
    ひろ #- - URL
    Re: タイトルなし

    > 登山 好人さん

    見て直ぐには理解できなかったです、この説明書(>_<)
    もう少し解りやすくして欲しいですよね~。

    さっそくですが一通り、順に空気を入れてみました(^^)/
    BD-1に空気を入れたときは余裕あるスペースに感動!今までのどのヘッドよりもスッと差し込めるので。。

    好人さんもヒラメ手に入れたら、毎日眺めて磨いているかも(笑)

  • 2014/04/21 (Mon) 17:43
    ryo #- - URL

    ヒラメもピカピカやけど、SURLYもBD-1もピカピカですね。
    =性格でてるなぁ~!

    おやじの茶利とえらい違いやわぁ~!
    =性格でてるんやろなぁ~!?

  • 2014/04/21 (Mon) 13:43
    登山 好人 #EQxHYSTw - URL

    確かに・・・ メチャわかりにくい(>_<)
    BD-1にもどうにか装着できるようになって良かったですよね。
    せっかく購入したんだからすべてのチャリに使えないと意味ないもんね(^_-)-☆
    それにしてもいつみても芸術品だな~ ヒラメ。
    毎日磨きたくなるような・・・ そんな僕も結構ヘンタイかもね(^_^;)

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。